So-Link

So-Link Integrated facilities management tool Provided by Nikoh Sangyo co.,Ltd

私たちが管理させていただいている建物や設備機器の情報をデータベースに登録し、その情報にもとづいてお客様に有益な情報をアウトプットするシステムです。

データベースはクラウド上にあり、インターネット環境があればどこからでもアクセスできますので、所有建物から遠く離れたお客様もリアルタイムで建物の現況を把握することができます。

So-Linkの利用イメージ

故障管理機能

建物で日々発生する故障や不具合を案件ごとに登録し、発生状況をお客様に報告すると同時に、復旧の進捗状況を管理します。また、データとして蓄積することにより、建物や設備機器の履歴として自由なタイミングでリスト化できます。

故障発生時の状況報告書はモバイル端末を使用して現場で作成し、直接お客様にメールにて送付することもできるため、遠隔のお客様でも一次対応の直後には状況が把握できます。

故障管理機能

報告書類の管理

建物管理の成果を物理的に表現するものとして、多くの報告書類が発生します。その内容は点検表、完了報告書、検針表等多岐に渡りますが、So-Linkは帳票類を案件ごとに管理すると同時に、ファイル管理機能としてある建物の管理によって発生した帳票類を一元的に管理することもできます。

帳票類はSo-Linkと連携したアプリを使ってタブレットで作成でき、速報性が求められる内容の報告書はおどろくほどの速さでお客様に確認していただくことができます。

報告書類の管理

修繕計画機能

私たちが建物を管理する大きな目的のひとつが、「お客様の資産である建物がいつまでもその目的を満たす」ことがあります。そのためには、計画的な修繕が不可欠です。
使用にともなって建物や設備機器が日々劣化していくことはやむをえないことですが、適正な時期に適正な金額で修繕を行うことで、建物の寿命は延び、十分な性能を維持することができます。
So-Linkの修繕計画機能がそのお手伝いをします。修繕計画機能は、設備台帳に登録された設備機器や建築部位ごとに、修繕内容や修繕額、修繕時期を積み上げ、長期修繕計画を自動作成します。
また、長期計画にもとづいて作成された中期計画に、実際の劣化状況を加味した修繕時期の前倒し/先送り、実行ベースの修繕額、自動平準化などを行って、翌年度の予算策定のための基礎資料をご提供いたします。

修繕計画機能

ご不明な点は下記担当までお問い合わせください

建築技術部 So-Link担当


お気軽にお問い合わせ下さい

TEL:03-3344-8896